子供の身長、1年でどれぐらい伸びるの?

子供の身長、1年でどれぐらい伸びるの?

15歳〜17歳ぐらいまでの子供の身長は、1年間で大きく伸びます。特に、生後1年間と思春期に入ってからの2、3年は人生の中で2度訪れる成長期であり、身長の伸びは特に大きくなります。身長の伸び率にも平均値があり、この平均値を著しく下回る場合には低身長症の可能性もあるため、身長 の伸び率の平均についてもしっかりと確認しておくといいでしょう。

 

まず、最初に訪れる成長期である生後1年間は、生まれたときのおよそ1.5倍にまで身長が伸びます。

 

女の子の場合は1歳〜2歳の間に平均して10.3cm、伸びる子であれば11.8cm、最低でも8.8cm伸びます。その後徐々に伸び率は落ち着いていき、9歳〜10歳の間には平均して5.3cm、よく伸びる子で6.5cm、最低でも4.1cmの伸び率となります。10歳ごろになると思春期に入るため、再び身長の伸びは大きくなります。だいたい1年間で6.1cm〜8.7cmまで伸びます。思春期の2年間が過ぎると再び身長の伸びは緩やかになり、14歳〜15歳では0.4cm〜1.8cmとなって成長がとなります。

 

男の子の場合は女の子よりも思春期の始まりが2年ほど遅くなります。そのため、12歳頃までは女の子のほうが身長が高い傾向にあります。しかし男の子は女の子よりもやや伸び率が大きいため、最終身長は男の子のほうが高くなる傾向にあります。男の子の伸び率は1歳〜2歳では8.9cm〜11.7cm、10歳〜11歳では4.0cm〜6.0cmとなります。男の子は女の子よりも思春期の始まりが2年ほど遅く、12歳頃から思春期となります。思春期には6.9cm〜10.5cmの伸び率となります。その後15歳〜16歳では1.4cm〜3.2cmほどとなり、17歳頃になると成長が止まります。

 

成長期にしっかりと身長を伸ばすには、睡眠や運動、栄養バランスなどそれまでの生活習慣が重要になります。これらが十分でないとせっかくの成長期に思いっきり成長することができなくなってしまうので、しっかりと生活習慣を整えてあげましょう。

 

身長を伸ばす