子供の身長を評価する、パーセンタイル値って何?

子供の身長を評価する、パーセンタイル値って何?

子供のころの発育状況は、その後の成長や健康状態を判断するための重要なデータとなります。子供の発育状況を判断するための指針として、パーセンタイル値成長曲線というものが用いられます。

 

パーセンタイル値とは、全体を100としたときにその値が小さいほうから数えて何番目になるのかを示す数値です。たとえば、身長がパーセンタイル値30ならば、小さいほうから数えて30番目ということになります。パーセンタイル値50はちょうど真ん中の値ということになります。

 

パーセンタイル値を用いることによって、子供特有の発育特性を評価したり、発育の異常を早期に発見したり、子供自身や保護者が成長の様子の確認や同年代の子供たちの中での比較が簡単にできるようになります。

 

乳幼児のパーセンタイル値は、10年ごとに実施される厚生労働省の全国調査、「乳幼児身体発育調査結果」に基づいて決められています。2016年現在のデータは、2010年度の調査結果に基づいて決められたものです。

 

パーセンタイル値は高すぎても、反対に低すぎても正常とはみられません。10パーセンタイル未満、または90パーセンタイルより大きい場合は、成長や栄養状態に偏りがあり、経過観察が必要であると評価されます。また、3パーセンタイル未満、または97パーセンタイルより大きい場合は問題があるため、場合によっては病院で詳細な検査を受ける必要があります。

 

特に乳幼児のうちは身長や体重の伸びが大きく、また個人差も大きいため低月齢のころには身長が全く伸びなかったのに、月齢が上がってくるに従って急成長したり、その反対に徐々に成長がゆるやかになることがあります。また、健康状態や栄養状態なども成長に強く影響します。そのため、こまめに身長や体重を測定し、都度そのタイミングでのパーセンタイル値を確認して発育曲線にそって正常に発育しているかを確認するのがいいでしょう。

 

子供の発育を評価するには、ほかにもカウプ指数やローレル指数、肥満度などの指針が用いられます。病院などではパーセンタイル値だけでなく、これらの指針も組み合わせて最終的な評価が下されます。