背が低いとどんないじめに合う可能性がある

背が低いとどんないじめに合う可能性がある

子供の身長が周りの子供たちに比べて低いと、いじめを受けてしまうのではないかと心配になる親御さんも多いのではないでしょうか。幼稚園や保育園のうちは身長によるいじめはあまり考えられませんが、小学校中学年から高学年ぐらいになると、いじめの話題がニュースでもたまに取り上げられたりします。身長が原因のいじめも、絶対にないとは言い切れないような気がします。

 

身長が低いと、「チビ」とからかわれたり、馬鹿にされたりすることがあるかもしれません。小さいとどうしても弱そうに見えてしまうので、なめられてグループの中で鬼ごっこの鬼ばかりやらされてしまったり、いやな役目を押し付けられてしまったり、時には遊びの仲間に入れてもらえないこともあるかもしれません。

 

もちろん、背が小さいと絶対にいじめに合うというわけではありません。いじめやからかいがあったとしても、必ずしもそれが身長のせいだとも限りません。しかしもしもお子さんが学校でいじめやからかいに合ったとき、それが身長のせいなんじゃないかと思ってしまうかもしれません。それに、そもそも身長が高く身体が大きければ、いじめやからかいに合う確率も低くなるような気がします。

 

小学校や中学校に進学するときに、いじめやからかいの心配をしなくてもすむように、身長はしっかり伸ばしてあげたいでしょう。

 

身長にはもちろん遺伝的な要素もありますが、普段の生活習慣に気を使うだけでも身長を高くすることは可能です。大切なのは、十分な睡眠と適度な運動、そして栄養バランスです。身長を伸ばすのに欠かせない成長ホルモンは、深く眠っているときに最も大量に分泌されます。寝不足だったり眠りが浅いと成長ホルモンが分泌されにくくなってしまいます。また、運動も成長ホルモンの分泌を活性化させる効果があります。そして、成長ホルモンの分泌や骨、筋肉の成長には様々な栄養をバランスよく摂取することが欠かせません。カルシウムやたんぱく質、亜鉛やビタミンなどを十分に摂取しましょう。食事からだけでは必要な栄養を十分に摂取することが難しい場合には、サプリメントを利用するのもいいでしょう。